iPhoneアプリ MemoryMan(仕事効率化)

  • 機能紹介
  • リリースノート
  • プレスリリース

HOME > PRODUCTS > iPhoneアプリ MemoryMan(仕事効率化)

MemoryMan(メモリーマン)ってなに?

MemoryManは参照性にすぐれたシンプルなメモアプリケーションです。
入力されたデータの閲覧、メール送信、クリップボードにコピー、削除を素早く行うことができます。

iPhoneにはすでにすばらしいメモアプリがたくさんありますが、画面を切り替えずに内容を確認できるメモアプリは多くはないかと思います。
素早くメモ、素早く確認がしたい!という人オススメのアプリです。

操作方法

1.テキストビュー

選択中のメモの内容を表示します。

2.タブバーの説明

保存したメモの一覧を表示します。内容を表示中のテキストは通常とは異なったカラーで表示されます。 メモを選択することでテキストビューに選択したしたメモの内容を表示します。

メモをスワイプ(なぞる)ことで削除ボタンを表示します。 また、テキスト編集中はソフトウェアキーボードにより隠されます。

ページの先頭へ

3.モード切り替えセグメント

「編集」「一覧」「全画面」の三種類の表示を切り替えます。

編集
新規テキストの入力、既存のテキストの編集などを行う状態です。リストビューはキーボードにより隠されます。
一覧
キーボードによって隠されていたリストビューが表示された状態です。
全画面
編集または選択中のテキストを画面一杯に表示します。長文のメモをスムーズに確認することができます。

ページの先頭へ

4.クイックアクションボタン(テキスト編集時)

テキスト編集時にのみ表示されるボタンです。「設定」画面より次のどちらかを選ぶことが出来ます。
※設定画面の説明は(9)で説明しています。

タイムスタンプの入力

現在の時刻を2010.01.32 15:32:56の形式で挿入することができます。

ATOK Padで編集
一時的にテキストの内容をATOK Padに受け渡し、ATOK Pad側で入力を行うことができます。
※お使いのiPhoneにATOK Padがインストールされている場合にのみ起動することができます。

ページの先頭へ

5.テーブルロックボタン(一覧表示時)

一覧表示時にのみ表示されるボタンです。
リストからテキストを選択したさいにすぐに編集状態に切り替わるかどうかを切り替えることができます。

ページの先頭へ

6.アクションボタン

アクションシートを呼び出し以下の操作を行うことができます。

メールで送信
編集中または表示中のテキスト内容をメールで送信することができます。 メールの送信先は「設定」画面で「メール送信先」を入力することで自動的に入力することができます。
クリップボードにコピー
編集中または表示中のテキスト内容全てをクリップボードにコピーします。
ATOK Padで編集
一時的にテキストの内容をATOK Padに受け渡し、ATOK Pad側で入力を行うことができます。
※お使いのiPhoneにATOK Padがインストールされている場合にのみ起動することができます。
※アプリの設定(システムアプリ内)でクイックアクセスを「ATOK Pad」に設定されている場合は「タイムスタンプ挿入」になり、タイムスタンプが挿入されます。
テキストの削除
表示中のメモを削除します。

ページの先頭へ

7.新規作成ボタン

新しいメモを作成します。

ページの先頭へ

8.ページ切り替えボタン(全画面表示時のみ)

メモ内容が長文の場合には「全画面」をタップし画面を切り替える事もできます。
全画面表示の場合は右下にある「▼」ボタンで次のメモ、または前のメモに表示を切り替ることができます。
※全画面表示時のみ表示されるボタンです。

ページの先頭へ

9.設定画面

Memorymanの設定はiPhone標準の「設定アプリ」から設定をすることができます。

送信先
「メールで送信」時に自動的に入力される送信先アドレスを設定することができます。
アイコンバッジ
保存したメモの数をホーム画面でも確認することが出来るアイコンバッジの表示、非表示を設定することができます。
ブラックカラー
Memorymanの全体のカラーを白を基調とした配色から黒を基調とした配色にすることができます。
画面の回転
iPhoneを横向きにしたときに、画面を回転させて横画面での入力状態にすることができます。iPhone本体の画面回転がオフに設定されている場合は機能しません。
クイックアクセス
クイックアクセスボタンに表示する機能を「タイムスタンプの挿入」か「ATOK Padで編集」のどちらかを選ぶことができます。
フォントサイズ
テキストビューに表示するフォントサイズを三段階から選ぶことができます。

ページの先頭へ

10.Open URLについて(上級者向け)

Memorymanには以下のカスタムスキームが設定されています。
Safariなどブラウザアプリ上でのブックマークレットによる連係、または他のOpenURLを利用できるアプリからの連係に使うことができます。

メモリーマンの起動
「Memoryman://」または「memoryman://」でメモリーマンをホーム以外からも起動することができます。
メモリーマンへのペースト
「Memoryman://paste」または「memoryman://paste」で起動と同時にクリップボードの内容を新規テキストとして挿入します。
「Memoryman://before」または「memoryman://before」で起動と同時にクリップボードの内容をテキストの先頭に挿入します。
「Memoryman://after」または「memoryman://after」で起動と同時にクリップボードの内容をテキストの最後に挿入します。
メモリーマンへのテキスト追加
「Memoryman://insert?text={string}」または「memoryman://insert?text={string}」で{string}の内容を新規テキストに挿入します。
「Memoryman://before?text={string}」または「memoryman://before?text={string}」で{string}の内容をテキストの先頭に挿入します。
「Memoryman://after?text={string}」または「memoryman://after?text={string}」で{string}の内容をテキストの最後に挿入します。

ページの先頭へ